ハンターハンター67話ネタバレ考察!人体収集家の館①&クラピカの念能力も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第67話「人体収集家の館①(じんたいしゅうしゅうかのやかた①)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第67話
■ ストーリー題名:
人体収集家の館①(じんたいしゅうしゅうかのやかた①)
■ ストーリー区分:
くじら島への里帰り編(くじらとうへのさとがえりへん)
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1999年11月23日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第52・53号合併号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第8巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
オークション開催!!(おーくしょんかいさい!!)
■ BACK:
第66話「テープ(てーぷ)」
■ NEXT:
第68話「人体収集家の館②(じんたいしゅうしゅうかのやかた②)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|登場人物

◯ クラピカ
同胞クルタ族の仇である幻影旅団を探すハンター。
緋の目という特殊能力を持つ。

◯ 千耳会の女性
クラピカに依頼主を仲介した。
念能力者。

◯ 人体収集家の館の執事
人体収集家の館を案内。

◯ 人体収集家の主に雇われた者たち
クラピカ同様に念能力者かそれ相応の武芸の達人。

◯ 依頼主の勅命を受けた男性
人体収集家の主からの契約内容を説明する。

◯ 依頼主の勅命を受けた男性の付き人
世話役の女性たち。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|あらすじ

ゴン、キルア、クラピカ、レオリオは、ヨークシンシティで半年後の再会を約束し、次の目的のため別々の行動を開始する。

くじら島にやってきたゴンとキルア。

ジンの残した箱の中に入っていたテープ、指輪、ROMカードを調べる。

テープを聞くにつ入れて、ジンに会いたいという気持ちになったゴン。

母親については聞くことはしなかった。

念操作による巻き戻しからの録音で、テープはだめになってしまった。

残りは、指輪とROMカード。

キルアはROMカードはジョイステーション専用ROMカードだと知っていた。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|ネタバレ

時を同じくして、念を習得したクラピカ。

同胞クルタ族の緋の目の回収と仇である幻影旅団を探す。

とあるお屋敷にやってくるクラピカ、右手の指にすべての指輪をはめていた。

指輪からは鎖がつながれ袖の中に伸びている。

千耳会(せんじかい)という職業斡旋所からやってきたと屋敷のスタッフに告げ入っていく。

門と屋敷までの道は長く、広大な平原が広がっている。

屋敷は小高い丘の上にあり、背後は森でおおわれている。

その平原には多くのドーベルマンがはびこっていた。

執事に案内され屋敷の奥の応接間へ。

そこにはただよらない雰囲気の人物が5人。

クラピカと同じく、雇われた能力者なのだろう。

クラピカその者たちのいる部屋でソファに座りながら千耳会でのことを思い出す。

合格ね」。

仲介所のスタッフは、半年前に来たクラピカを覚えていた。

短期間で念を習得していたことを驚いきながら、雇い主は誰がいいかという話になる。

クラピカは、ヨークシンでのオークションに強いコネクションを持つ人物を探していた。

仕事の内容は何でもいいが、強い権力を持つ依頼人は要求が難しい。

ハンター歴0年のクラピカが雇われる可能性は低い。

該当者は3人で、各人身辺警護込みの依頼だった。
1.拳銃マニア・・・ミゼット社のブルS(スネイク)55限定生産数ナンバー001
2.骨董皿収集家・・・ロド社製記念皿1655年と1657年のもの
3・人体収集家・・・全身刺青皮の昇竜図極美品ゼリー症児の頭部etc

クラピカは緋の目を探していたため、人体収集家を選んだ。

場面は戻り執事から契約に関する説明があるとモニターのスイッチを入れる。

映し出されたのは一人の男性と世話役の女性二人。

男性はハンターであるかは問わないが、望むものを手に入れてくれるかに期待しているという。

オークション開催までの1か月間にリストの品を手に入れてほしいという。

リストのデータを確認したクラピカは表情が曇る。

クルタ族の眼球(入手難易度A)・・・死後緋色で定着したもので、頭部とセットがベスト

が入っていたからだ。

雇われた一人の男がクラピカに話しかける。

内容は収集する品物のゲスさの自慢だった。

クラピカは「黙れ、私に話しかけるな」と一蹴する。

モニターの男性は、そのリストのどれかを手に入れればクリアとなり正式な契約をするという。

クラピカは、まず取り入り信頼を得ることを考えていた。

またモニターの男性は依頼主ではないと見抜いていた。

コレクターは常に2つのモノを欲している
・より珍しく貴重なアイテム
・自分の収集成果(コレクション)を自慢できる理解者

人体収集家の横のつながりを見つけ、緋の目を取り戻すと決意。

クラピカに話しかけてきた雇われの男性が部屋の外へ出ようとドアノブを手に掛ける。

するとモニターの男性は、こう話す。

雇用の最低条件はその館から無事に出られるくらいの強さである。

その瞬間ドア越しにソードが複数襲い掛かる。

ドアは蹴破られ、剣と拳銃を手にした黒装束の人物が複数現れ襲い掛かる。

雇われた人物はすぐに反応し、攻撃を避ける。

なかには執事の体を盾にして攻撃を防ぐ者も。(執事死亡)

そんな中、クラピカは右手を素早く振りかざす。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|考察感想

今回は、ゴンとキルアの話の途中からクラピカの動向にシーンがチェンジ。

ゴンとキルアの話がすごく盛り上がってきたところだったのに・・・。

とうまいやり方だなと思いました。

ただクラピカのほうもすごく面白い話になっていて、続きがすごく気になります。

特に気になるのは、すでに念を習得したクラピカの念能力です。

クラピカは、結構神経質なところがあるので、ヒソヒソのオーラ別性格分析に当てはめると具現化系。

ただ理屈っぽいところもあるので、操作系の可能性も考えられます。

ヒントとなるのは最初に出ていた右手の鎖ですね。

どういう能力なのか楽しみです。

また今回の話のあとがきにはエジプト旅行記4が記されていました。

ツタンカーメンの墓とほかの王たちの宝飾品の話でした。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第67話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ 本作品の配信情報は2019年10月7日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはアニメ放題のホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8巻

※ 本作品の配信情報は2019年10月31日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第66話「テープ(てーぷ)」
■ NEXT:
第68話「人体収集家の館②(じんたいしゅうしゅうかのやかた②)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第67話「人体収集家の館①(じんたいしゅうしゅうかのやかた①)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう