ハンターハンター61話ネタバレ考察!決戦&ヒソカ名言も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第61話「決戦(けっせん)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第61話
■ ストーリー題名:
決戦(けっせん)
■ ストーリー区分:
天空闘技場編(てんくうとうぎじょうへん)
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1999年10月9日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
土曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第46号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第7巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
これから(これから)
■ BACK:
第60話「合格(ごうかく)」
■ NEXT:
第62話「本気(ほんき)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公で、287期生ハンター。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。
強化系の念能力者。

◯ キルア=ゾルディック
暗殺一家ゾルディック家三男で、ハンター。
毒に耐性があり、ゴンと同じくらいの歳。
変化系の念能力者。

◯ ヒソカ
奇術師でハンター。
武器にトランプを使用。
変化系の念能力者。

◯ ズシ
心源流拳法家。
操作系の念能力者。

◯ ウイング
心源流拳法師範代。
身の回りがだらしない。
強化系の念能力者。

◯ 実況
200階層クラスのアナウンサー。

◯ 審判
200階層クラスのレフェリー。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|あらすじ

ゴン、キルア、クラピカ、レオリオは、ヨークシンシティで半年後の再会を約束し、次の目的のため別々の行動を開始する。

ゴンとキルアは、特訓と金稼ぎのため天空闘技場へやってくる。

ゴンは、ヒソカと戦うため200階層クラスで1勝をしなければならない。

200階層クラスの闘士サダソたちと戦いの日を申し合わせた。

キルアは、リールベルトとの戦いで圧勝。

ゴンはキルアとリールベルトの戦いを観戦していたため準備と対策を練っていたため快勝。

ゴンとリールベルトの戦いを観て、ヒソカはゴンに戦う日時を決めるよう提案。

いつでも相手になることを宣言して去っていった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|ネタバレ

ゴンとヒソカの決戦当日。

観客の感情が高ぶり、いまかいまかと二人の戦いを待ち望む。

ゴンとヒソカが登場すると歓声はヒートアップ。

ゴンの戦績
4戦3勝1敗
ヒソカの戦績
12戦9勝3敗

ゴンの目的は、ヒソカと戦い一矢報いいること。

対するヒソカは、ゴンと戦うことは楽しみのひとつ。

さらにあと一勝でフロアマスターとなり、負ければ地上落ちとなっている。

どちらにせよ今の二人には、目も前の相手と戦うことしか頭にない。

ゴンの闘志を目の当たりにしたヒソカは・・・

興奮しちゃうじゃないか・・・(ハート)

禍々しいオーラを抑えきれずにいた。

レフェリーの合図で試合が始まる。

同時に先制を取ろうとゴンがヒソカに攻撃を仕掛ける。

あっさりとヒソカに避けられるが、あきらめず連続攻撃。

しかしヒソカの力量の方が上なため、ゴンはカウンターを受ける。

攻防は続いているのだが、ゴンはヒソカにダメージを与えることはできない。

その中でゴンの打撃を受けるヒソカは以前のゴンよりも成長しているのを体で感じる。

苛烈に激しくなる格闘の末、ヒソカの左こぶし寸止めからの右ストレートがゴンの顔面を直撃。

クリーンヒットを取られ、ヒソカのポイントになる。

最大級の歓声がわき、会場はさらに盛り上がる。

アナウンサーは実況をさしはさむ隙きさえないほどの、すさまじい攻防。

驚くべきはヒソカが開始位置から一歩も動いていないことだった。

悔しがるゴンだが、ヒソカとの戦いで学びも多く感じていた。

ヒソカが戦いを楽しみながら行っていると気づいたキルア。

ヒソカは実戦技術はゴンよりも上だが、各上だというおごりがあるためそこが隙きにつながると見立てる。

ゴンはフェイントを混ぜつつギド戦リールベルト戦で用いた、リングの石板攻撃を開始。

石板返しをしたのち宙に浮いた石板を蹴り破壊する。

砕けた石つぶてがヒソカに襲い掛かる。

またその石つぶての陰に身をひそめるゴン。

おそらく「絶(ゼツ)」を使用し、ヒソカの死角から右ストレートを顔面にお見舞いする。

ゴンの右ストレートは、ヒソカの左頬を直撃した。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|考察感想

ハンター資格取得試験第1次試験の霧での戦い。

また第4次試験でのプレートの借り。

ゴンは、ヒソカとの因縁の対決を約束していた。

そしてとうとう念願の日になり、ゴンの闘志は燃え上がる。

ヒソカも早熟な果実が実り始め成長を感じ、興奮冷めやらぬ様子。

ゴンは負けじと食い下がるが、これまでの特訓と実戦で技術は磨いてきた。

ヒソカと渡り合うにはまだまだ経験不足であるが、それでも戦う資格は得たほどに成長。

奇をてらった攻撃に、とうとうヒソカはゴンの攻撃を食らう。

ギド戦リールベルト戦で見せた石板返しを応用した石つぶて攻撃。

ただ攻撃するだけではなく身を隠し、好機を狙う。

水見式オーラ選別法の時にウイングが言っていたように、ゴンには力と野生育ちの感覚があるためできる作戦だった。

お見事といえるゴンの戦いぶり、ようやくヒソカに正真正銘の借りを返したということになりますね。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第61話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ 本作品の配信情報は2019年10月7日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはアニメ放題のホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第7巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第7巻

※ 本作品の配信情報は2019年10月17日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第60話「合格(ごうかく)」
■ NEXT:
第62話「本気(ほんき)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第61話「決戦(けっせん)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう