ハンターハンター58話ネタバレ考察!再戦&ショットガンブルースも

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第58話「再戦(さいせん)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第58話
■ ストーリー題名:
再戦(さいせん)
■ ストーリー区分:
天空闘技場編(てんくうとうぎじょうへん)
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1999年9月21日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第43号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第7巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
これから(これから)
■ BACK:
第57話「約束(やくそく)」
■ NEXT:
第59話「及第(きゅうだい)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公で、287期生ハンター。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。

◯ キルア=ゾルディック
暗殺一家ゾルディック家三男で、ハンター。
毒に耐性があり、ゴンと同じくらいの歳。

◯ ヒソカ
奇術師でハンター。
武器にトランプを使用。

◯ ズシ
心源流拳法家。

◯ ウイング
心源流拳法師範代。
身の回りがだらしない。

◯ ギド
200階層クラスの闘士。
脚がなく、1脚の義足と杖で立っている。
舞闘独楽を操作する念能力。

◯ サダソ
200階層クラスの闘士。
片腕がなく能面。
無くなった左腕を具現化し操る念能力。

◯ 200階層クラスの闘士たち

◯ アナウンサー
200階層クラスのアナウンス。

◯ 審判
200階層クラスのレフェリー。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|あらすじ

ゴン、キルア、クラピカ、レオリオは、ヨークシンシティで半年後の再会を約束し、次の目的のため別々の行動を開始する。

ゴンとキルアは、特訓と金稼ぎのため天空闘技場へやってくる。

ヒソカと戦うため200階層クラスで1勝をしなければならないゴン。

ウイングとの約束を守り修行を再開したゴンとキルアは、「凝(ギョウ)」をクリア。

不戦勝をくれてやると約束したサダソから人質になっていたズシを取り返す。

キルアは、暗殺一家の本性をだしてサダソから不戦勝をもぎ取る。

次は、ギドとリールベルト戦。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|ネタバレ

ゴンとキルアの天空闘技場200階層クラスの戦績と試合予定日

ゴン=フリークス
2戦1勝1敗
3月11日ギド戦TKO負け
5月30日サダソ戦不戦勝

6月4日ギド戦予定
6月10日リールベルト戦予定

キルア=ゾルディック
1戦1勝0敗
5月29日サダソ戦不戦勝

6月4日リールベルト戦予定
6月10日ギド戦予定

サダソからキルアの恐ろしさを聞いたリールベルト。

だがサダソの助言に聞く耳を貸さず、汚い手をつかっても勝利を奪うと決意。

キルアのことはそこまで恐れていなかったが、ギドと会話しているその部屋にすでにキルアが侵入しはなしかけてきた。

キルアは、いつでもどこでも忠告ができると思っていた。

だからサダソだけに本性を現していた。

しかしリールベルトとギドの話を聞いて、汚い手を使うような真似をしないように釘を刺した。

リールベルトとギドは、キルアの力量を感じ正々堂々と戦うことにした。

それから数日、ウイング指導によるゴンとキルアとズシの修行は続いた。

そして試合当日、ゴンは釣り竿を武器として使うとウイングに話す。

ウイングは何となく察していたようだった。

試合開始と同時にギドに詰め寄るゴン。

ギドの舞闘独楽を出させない作戦だが竜巻独楽で応戦される。

さらに散弾独楽哀歌(ショットガンブルース)で攻撃を仕掛けられた。

戦闘円舞曲(戦いのワルツ)とは違い、その名前のごとくコマがショットガンの様にゴンに襲い掛かる。

しかしゴンもギドのコマに対応するべく修行で身に着けた「錬(レン)」を発動。

強度のあるコマをオーラでかき消す。

まるで別人のようなゴンの力量にギドは焦りだす。

ゴンは追撃に釣り竿でギドの竜巻独楽の回転を止めようとする。

飛ばした釣り針は無残にはじかれギドのさらに奥へ大きく飛ばされた。

失敗かと思いきやゴンは最初からそれが目的だった。

なんと闘技舞台の地面の石版を釣り針に引っ掛け竿をしならせ持ち上げる。

石板が宙を舞いギドに向けて畳返しの様に倒れこむ。

体勢が保てなくなったギドは、回転がとまり地面に倒れこむ。

気づいた時にはゴンが近距離まで来ていてすでに右こぶしを構えていた。

ギドが参ったという前に、ゴンがギド目掛けて右こぶしのストレートを叩き込む。

バキ!!!!

轟音と共にギドの鉄製義足がブチ折れていた。

ゴンは倒れて意気消沈のギドに、次のように言い放つ。

もう一度ズシに手を出してみろ
次は全力でその顔をぶっとばす!!

キレたゴンの右手拳の指の付け根にはじんわりと血がにじんでいた。

レフェリーがゴンを勝者とたたえ、観客も歓声で沸く。

ウイング、ズシ、ヒソカは、ゴンの活躍に笑顔になる。

続いては、キルアとリールベルトの戦い・・・。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|考察感想

ここ数か月のゴンとキルアの修行は目を見張る成長を遂げていました。

修行は楽しくもありますが、試合ができないというストレスもたまっていたはず。

そのうえ、ズシを人質に取られたという怒りやうっぷんもたまっていた。

ゴンは、そのストレスやうっぷんを見事に試合で力に変換し出すことができた。

修行のたまものとはこのことだと思います。

ギドの散弾独楽哀歌(ショットガンブルース)もゴンの動体視力なら釣り竿で払いのけることは可能でした。

しかし敢えて自ら受け止めオーラの差を見せつけることで、精神的にもギドを圧倒していたとキルアが解説。

能力的にも精神的にもゴンはすでにギドを上回る力量だったということを決定づけています。

つまりギドは、ヒソカ戦への前座中ボスという感じでしょうか。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第58話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ 本作品の配信情報は2019年10月7日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはアニメ放題のホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第7巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第7巻

※ 本作品の配信情報は2019年10月17日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第57話「約束(やくそく)」
■ NEXT:
第59話「及第(きゅうだい)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第58話「再戦(さいせん)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう