ハンターハンター27話ネタバレ考察!一触即発&ヒソカのターゲットも

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第27話「一触即発(いっしょくそくはつ)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第27話
■ ストーリー題名:
一触即発(いっしょくそくはつ)
■ ストーリー区分:
ハンター試験編
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1998年9月29日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第44号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第4巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
最終試験開始!(さいしゅうしけんかいし!)
■ BACK:
第26話「決戦前夜(けっせんぜんや)」
■ NEXT:
第28話「大きな借り(おおきなかり)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。
受験番号405番。

◯ クラピカ
クルタ族で悲しい過去を背負う人物。
受験番号404番。

◯ レオリオ
メガネとスーツの人物。
受験番号403番。

◯ ヒソカ
受験番号44番。
奇術師。

◯ アゴン
受験番号281番。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|あらすじ

ハンター資格取得試験の第四次試験に挑むゴン、キルア、クラピカ、レオリオ。

クジ引きで決まったハンティングサバイバル。

ゴンのターゲットは「44」のヒソカだった。

ヒソカを監視していると、彼はゴズと戦闘になる。

ヒソカとの協力者がギタラクルと判明。

ギタラクルから1点分のナンバープレートをもらい、ヒソカが残りの2点を狩ろうと行動を開始。

ヒソカの目線の先は、クラピカとレオリオだった。

ゴンはどうする。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|ネタバレ

残しておいたおやつを思い出し食べようとするかのように、クラピカとレオリオを狙うヒソカ。

ゴンは二人のことは心配だが、作戦通りヒソカの隙を作戦を狙う。

だがクラピカとレオリオを放っておけないため、戦闘になった場合に作戦を変更することにした。

ヒソカがやってきたことに気が付いたクラピカとレオリオ。

一気に緊張感が高まる。

ヒソカは2点分のプレートを寄越せと二人に問いかける。

クラピカはその言葉で、自身らがヒソカのターゲットではないと気が付き交渉に出る。

クラピカの言葉にレオリオも察知し静観する。

クラピカのターゲットがトンパで、トンパのターゲットはレオリオ。

つまりトンパとレオリオのプレートは、ヒソカのターゲットではないことは明らか。

クラピカとソミーのプレートがヒソカのターゲットの可能性がある。

ソミーのプレートは譲ってもよいが、クラピカのプレートは譲るつもりはないと伝える。

もしもクラピカのプレートが欲しいというのなら、戦いの相手になると臨戦態勢になる。

レオリオもクラピカの意見に黙って同意しナイフを構える。

クラピカの交渉術を面白いと思ったヒソカは、その条件に乗る。

クラピカは用心深くヒソカから遠い木の幹に番号を知らせずにプレートを置く。

当たりかもしれないプレートをクラピカとレオリオが去ってから確認するから、とその場でヒソカが待っている。

ヒソカはクラピカとレオリオの成長に喜びを隠せない。

今後の二人の成長を楽しみにしながらハズレだったソミーのプレートをゲットする。

残り1点であることを確認する様子をゴンは眺める。

クラピカとレオリオの安全を確認したゴンは少しばかり気が緩む。

汗が滴り次のヒソカを狙うチャンスについて考えているが、一気に背筋が凍る。

ヒソカの方を見ると彼がおぞましい表情で殺気を放っているのを確認する。

周りの動物たちがざわめき逃げる。

ヒソカはどうやらクラピカとレオリオの成長を受け、欲情したのだ。

鎮めるために次の獲物は狩り殺す可能性がある。

ゴンは好機と感じ先回りして、ヒソカの次の獲物を見つけようと気に登る。

視線の先には受験番号281番アゴンがうろついていた。

数十秒でヒソカが相手に襲い掛かると見込み、狙えるポイントへ移るゴン。

ヒソカはアゴンを見つけ、笑みを浮かべると襲い掛かる。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|考察感想

クラピカの冷静な判断と交渉術で難関を乗り切った回でした。

ゴンも二人が襲われずに済みほっと胸をなでおろしたことでしょう。

多数決の道の最終設問でのゴンの判断力とは違い、制限時間のないヒソカとの交渉の場面でクラピカの頭脳が冴えわたった様子がうかがい知れました。

それゆえにヒソカは、興奮を抑えきれないといった様子。

うまい具合にゴンの特訓の成果が試せる状況を一連の流れで生み出すことに成功しました。

この好機をゴンは生かせるのか。

またプレートを奪った後にゴンは逃げ延びることができるのか。

今後の展開に注目していきたいです。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第27話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第4巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第4巻

※ 本作品の配信情報は2019年9月13日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第26話「決戦前夜(けっせんぜんや)」
■ NEXT:
第28話「大きな借り(おおきなかり)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第27話「一触即発(いっしょくそくはつ)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう