ハンターハンター26話ネタバレ考察!決戦前夜&ギタラクルの正体も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第26話「決戦前夜(けっせんぜんや)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第26話
■ ストーリー題名:
決戦前夜(けっせんぜんや)
■ ストーリー区分:
ハンター試験編
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1998年9月22日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第43号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第3巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
決着(けっちゃく)
■ BACK:
第25話「2日目(ふつかめ)」
■ NEXT:
第27話「一触即発(いっしょくそくはつ)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。
受験番号405番。

◯ クラピカ
クルタ族で悲しい過去を背負う人物。
受験番号404番。

◯ レオリオ
メガネとスーツの人物。
受験番号403番。

◯ キルア
受験番号99番。
毒に耐性がある。
ゴンと同じくらいの歳の少年。

◯ ヒソカ
受験番号44番。
奇術師。

◯ トンパ
受験番号16番。
新人つぶし。

◯ スパー
受験番号80番。

◯ ソミー
受験番号118番。

◯ ポンズ
受験番号246番。

◯ ギタラクル
受験番号301番。

◯ ゴズ
受験番号371番。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|あらすじ

ハンター資格取得試験の第四次試験に挑むゴン、キルア、クラピカ、レオリオ。

クジ引きで決まったハンティングサバイバル。

ゴンのターゲットは「44」のヒソカだった。

対ヒソカ用の特訓を完成に近づけたゴン。

ヒソカを見つけチャンスを待つ。

レオリオとクラピカは、トンパとソミーを捕まえ協力関係になる。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|ネタバレ

張り付けにされ身動きが取れないトンパの顔はパンパンにはれ上がっていた。

ソミーも拘束し、クラピカとレオリオはレオリオのナンバープレートを取り戻し、二人のナンバープレートもゲットする。

実はクラピカのターゲットはトンパだった。

残り4日を切り、二人は協力関係になる。

クラピカの点数は6点となったので、このまま守り切れば第四次試験通過となる。

当面はレオリオのターゲットであるポンズを探すこととなった。

時を同じくして、キルアはひとり尾行の相手に気が付く。

そんな中、ヒソカも物陰に隠れている存在に気が付いていた。

ぐっと緊張感の高まるゴン。

一か八か構えるゴンだが、その背後から受験番号371番ゴズが現れる。

ゴズは持っていた槍で草を薙ぎ払い、ヒソカとの勝負に臨む。

ばれていたと思ったゴンは、一気に特訓の成果を見せるチャンスだと意気込む。

ゴズの槍さばきは気をなぎ倒すほどの精錬された技だった。

払えば大木を刺せば、風穴を開ける勢いの猛攻。

だがヒソカもゴズの巧みな技をよけ、一進一退の攻防を繰り広げる。

チャンスはまだかとゴンは息をのむが、ヒソカは一向にゴズに反撃をしない。

なぜならゴズはすでに深手を負っていたからだった。

赤い蝶である好血蝶が群がっているのがいい証拠、ヒソカが手を下さないでも倒れる寸前だった。

すでに誰かから致命傷を負わされなおも戦おうとする戦士ゴズ。

だがヒソカは死人に興味なしと、戦意を無くし切り株に座る。

ヒソカに追い打ちを仕掛けるゴズだが、ヒソカの背後から何かが飛来しゴズに突き刺さる。

ゴズの顔には無数の釘が突き刺さり、そのまま背後に倒れ息絶える。

ゴズに致命傷を与えたのは、釘を飛ばした主である受験番号301番ギタラクルだった。

ギタラクルはゴズに泣きつかれわざと殺さず、懇願したヒソカとの戦いを行わせた。

敵に情けを賭けるギタラクルにヒソカはやめなよと忠告。

だがヒソカも同じことをしているとギタラクルはいう。

ヒソカは今殺すには惜しい人材だけ生かしているという事実を明かす。

ギタラクルのターゲットはゴズですでに合格点に達しているが、ギタラクルを銃で狙っていた受験番号80番スパーも殺したという。

おもむろにギタラクルは顔に刺さっている釘を抜き始める。

顔の骨があり得ない音を立ててなり始め、顔の形が変わり始める。

ヒソカはその光景を何度も見ていて面白いと評価する。

ギタラクルの顔は、変装した姿だった。

黒髪長髪でつぶらな瞳の青年が姿を現す。

本人曰く変装時は結構つらいそうで、本来の姿に戻りスッキリしたという様子。

ギタラクルは突然、地面に穴を掘りだし、ヒソカを応援しリミットまで寝るから、と土に潜る。

80番のナンバープレートをゲットしたヒソカは、あと2点誰を狩ろうかなと行動を開始する。

その後を追うゴン。

ヒソカは高い場所に上ると2点分のターゲットを見つける。

その視線の先にいたのは、クラピカとレオリオだった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|考察感想

ゴンの存在がばれたのかとひやりとした場面でしたが、何とか存在を隠しこらえていました。

謎に秘められていたギタラクルの存在が明らかになりました。

一連の会話からヒソカとギタラクルは協力関係にあることがわかる。

ヒソカが良く通話している相手がギタラクルではないか、と想像が付きます。

ヒソカ以上に不思議な存在であるギタラクルの背景も気になりますが、ヒソカが次に狙うターゲットであるクラピカとレオリオ。

二人はナンバープレートを奪われてしまうのでしょうか。

そしてそれに気が付いたゴン。

さらにキルアを尾行していたのは誰なのか。

謎はちりばめられていますね。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第26話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第3巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第3巻

※ 本作品の配信情報は2019年9月4日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第25話「2日目(ふつかめ)」
■ NEXT:
第27話「一触即発(いっしょくそくはつ)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第26話「決戦前夜(けっせんぜんや)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう