ハンターハンター19話ネタバレ考察!多数決の罠&無限四刀流トガリも

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第19話「多数決の罠(たすうけつのわな)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第19話
■ ストーリー題名:
多数決の罠(たすうけつのわな)
■ ストーリー区分:
ハンター試験編
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1998年7月21日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第34号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第3巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
決着(けっちゃく)
■ BACK:
第18話「2つの切り札(2つのきりふだ)」
■ NEXT:
第20話「ギャンブルタイム(ぎゃんぶるたいむ)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。
受験番号405番。

◯ クラピカ
クルタ族で悲しい過去を背負う人物。
受験番号404番。

◯ レオリオ
メガネとスーツの人物。
受験番号403番。

◯ キルア
受験番号99番。
毒に耐性がある。
ゴンと同じくらいの歳の少年。

◯ ヒソカ
受験番号44番。
奇術師。

◯ トンパ
受験番号16番。
新人つぶし。

◯ リッポー
賞金首ハンター兼刑務所長。
第三次試験官。

◯ トガリ
元試験官。
ヒソカに恨みを持つ。

◯ ベンドット
強盗殺人犯懲役199年。
囚人でありながら審査委員会から指令をうけた第一次試練官。

◯ セドカン
連続爆弾魔懲役149年。
第二次試練官。

◯ マジタニ
サギ・脅迫等の累積刑で懲役108年。
第三次試練官。

◯ トリックタワー囚人たち

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|あらすじ

ハンター資格取得試験の第三次試験に挑むゴン、キルア、クラピカ、レオリオ、そして多数決の道で行動を共にするトンパ。

彼らは闘技場で3勝しなければならない。

1勝1敗の中、中堅クラピカがマジタニに圧勝する。

連勝ムードで次なる戦いに名乗り出たのは、レオリオだった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|ネタバレ

レオリオは自分で3勝目の勝ち星を勝ち取り、闘技場での試合の決着をつけようと意気込む。

失神したマジタニが床に転がっているためどかすように試練官へ指示する。

だがひとりの試練官がまだ決着が付いていないためどかすことはできないと拒否。

その囚人はマジタニに近寄り、気絶していることを告げる。

クラピカとマジタニのデスマッチのルールは、一方が負けを宣言するか死ぬかするまで戦うというもの。

マジタニはまだ生きているし負けを宣言していない状態だった。

つまり勝負は続いていた。

レオリオはしょうがなくマジタニに引導を渡すようにクラピカに指示。

だがクラピカは戦意を失った相手を殴ってしまったことに後悔していて、さらに追い打ちをかけることはできないという。

マジタニが起きるのを待つというのだが、キルアが後始末をしてもいいという。

一対一の勝負ゆえに手出し無用だと断るクラピカに、レオリオとキルアはさらに説得する。

強情なクラピカにレオリオはしびれを切らし多数決を取るという。

電光掲示板が反応しないため、挙手による多数決を求めるがやっても意味がないといわれる。

結局、起きるまで待つということになった。

トンパは多数決の罠にレオリオがはまっていると実感。

多数決は一見個人の意思を尊重しているように思えるが、少数派に何度もまわれば疎外感、不満、怒りなどが沸く。

結局、対立や不信に陥り、あげく崩壊となる。

出会って数日の運命共同体では、多数決の罠に陥りやすい。

レオリオはまさにその多数決のムードにはまり、一番やってはいけない相談と挙手を行ってしまう。

時間があってはじめて有効な手段となる相談。

匿名性が失われる挙手は対立を生みやすい。

レオリオの愚行により、ゴンたちは決裂の道に近づいている。

すなわちトンパの目的である5人道ずれの失格を意味する。

トンパはこの状況を達観。

重い空気が流れる闘技場。

一方、別のルートを進むヒソカ。

ヒソカを待っていたのは、去年の試験でヒソカにキズを負わされた試験官トガリだった。

トガリはヒソカからのキズの恨みを晴らそうと待ち構えていた。

両の手に曲刀を持ちサーカスの曲芸や大道芸にみられる技ジャグリングの様に操る。

一刀流から二刀流、さらに増え四刀流になる。

そして四本の曲刀から繰り出される必殺技無限四刀流をヒソカ目掛け繰り出す。

とっさにかわすヒソカだが曲刀は、上下左右正面背後あらゆる角度から無数の刃がヒソカを狙う。

とどめを刺そうとするが、曲刀を難なくキャッチするヒソカ。

無限四刀流の曲刀を受け取るのに半年かかったトガリは、ヒソカの戦闘センスに驚く。

また曲刀のジャグリングも難なく行うヒソカ。

無駄な努力ご苦労様とトガリにとどめを刺す。

断末魔の叫びの表情のまま刈り取られたトガリの首が冷たいトリックタワーの床にたたずむ。

トリックタワーの1階にやってきたヒソカ。

所要時間6時間17分で第三次試験第一号通過者となった。

場面は戻り、闘技場で重い空気のゴンたち。

残り時間59時間57分03秒。

そんな中、キルアがふと口を開く。

あいつはもう死んでいるのではないかと。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|考察感想

多数決の罠にはまり、イライラするレオリオ。

どう転んでも面白い展開となるため達観するトンパ。

マジタニの反応を待つゴン、キルア、クラピカ。

それぞれの精神状態をはっきりとさせた回となりました。

また停止状態のゴンたちとは対照的に第三次試験合格第一号のヒソカの進撃具合。

どれほどの力の差があるのかということを比較しているのではと感じました。

腐っても試験官であるトガリを一瞬のうちに倒してしまうヒソカ。

おそらく今後、ゴンたちと対峙する可能性が高いため注目するべきキャラクターであります。

そして、マジタニが生きているのか死んでいるのか。

謎は深まります。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第19話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第3巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第3巻

※ 本作品の配信情報は2019年9月4日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第18話「2つの切り札(2つのきりふだ)」
■ NEXT:
第20話「ギャンブルタイム(ぎゃんぶるたいむ)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第19話「多数決の罠(たすうけつのわな)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう