ハンターハンター13話ネタバレ考察!真夜中のゲーム①&キルア暗殺稼業も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第13話「真夜中のゲーム①(まよなかのげーむ①)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第13話
■ ストーリー題名:
真夜中のゲーム①(まよなかのげーむ①)
■ ストーリー区分:
ハンター試験編
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1998年6月9日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第28号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第2巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
霧の中の攻防(きりのなかのこうぼう)
■ BACK:
第12話「会長参上(かいちょうさんじょう)」
■ NEXT:
第14話「真夜中のゲーム②(まよなかのげーむ②)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。
受験番号405番。

◯ クラピカ
クルタ族で悲しい過去を背負う人物。
受験番号404番。

◯ レオリオ
メガネとスーツの人物。
受験番号403番。

◯ キルア
受験番号99番。
毒に耐性がある。
ゴンと同じくらいの歳の少年。

◯ ハンゾー
受験番号294番。
忍者。
隠者の書を探し求めるハンター志望者。

◯ ヒソカ
受験番号44番。
奇術師。

◯ アモリ3兄弟
受験番号197~199番。

◯ ゲレタ
受験番号384番。
猟師。

◯ トンパ
受験番号16番。
新人つぶし。

◯ サトツ
第一次試験担当官。

◯ メンチ
美食ハンター。
一ツ星(シングル)ハンター。
第二次試験担当官。

◯ ブハラ
美食ハンター。
第二次試験担当官。

◯ アイザック=ネテロ
ハンター協会現会長。

◯ マーメン=ビーンズ
ハンター協会会長の秘書。

◯ ハンター志望者たち

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|あらすじ

第二次試験合格者ゼロとなってしまったが、ハンター協会会長アイザック=ネテロの介入により新しい課題で審査が続行。

難所にあるクモワシの卵をゲットして見事にゆで卵を提出したゴンたち。

メンチは、ハンターの何たるかを、改めてハンター志望者たちに教える。

その言葉が心に刺さった脱落者たちは、来年のハンター試験を志した。

結局、ここまでに残ったハンター志望者たちは42名になった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|ネタバレ

ハンター協会マーク入りの気球は夜の航空中。

その中には、勝ち残った42名のハンター志望者たちがいた。

アイザックネテロ会長は、ハンター試験審査委員会代表責任者であることを改めて明かす。

緊張感の漂う船内だが、マーメンビーンズがスケジュールの案内をし自由行動を伝えると、ゴンとキルアははしゃぎ飛行船を探検。

クラピカとレオリオは長い一日の疲れを取るため休養。

ここで試験が後いくつあるか疑問になるクラピカへ、近くにいたトンパが毎年内容は変わるが大体平均5~6だという。

それなら休養は必要だと考えるクラピカとレオリオに、トンパは飛行船内が試験会場になるかもしれないとブラフをかます。

トンパの新人つぶしはいまだねちねちと続いていた。

各自それぞれの時間を過ごす中、第一次試験官サトツ、第二次試験官メンチ、ブハラが夕食を取る。

話題は、今年は何人がハンターになるのかということ。

またハンター志望者の中で誰が優秀なのか。

サトツとメンチは新人が気になる様子。

メンチはハンゾーで、サトツはキルア。

ブハラは、ヒソカ。

特にヒソカは殺気の凄味や実戦経験の豊富さなどがあり、要注意でもあると3人の意見が揃う。

そんなヒソカは、一人でトランプのピラミッドを作り、完成したら壊し、その快感を楽しんでいた。

一方、宝石の様な夜景を眺めるキルアとゴン。

ゴンは、キルアの家族が気になっていた。

キルアの両親が殺人鬼であると明かすが、ゴンは真面目に話を聞いていることに、初めての経験をし吹き出してしまう。

ゴンがただの能天気ではなく、素直にキルアの話を聞いていると悟ったキルアは、真剣に家族について話し出す。

キルアの家族は暗殺一家で、キルアは特に期待されているが、当の本人は人に敷かれたレールを走るのは嫌だと話す。

キルアは自分の人生を生きると言い、家族と刺し違えるほどのケンカをして出てきたという。

ハンターになった暁には、家族を捕まえて良い値段で売りさばくとにやける。

そんな話をしていると陰からネテロ会長が鋭い眼光と殺気をゴンとキルアに飛ばす。

ゴンとキルアは視線に気が付き、その方向を警戒するが誰もいない。

なんとゴンとキルアの後方からネテロ会長が現れる。

ゴンは気づいていなかったが、キルアはネテロ会長がちょっかいを掛けてきたのを察した。

退屈しのぎに遊び相手を探していたネテロ会長は、ゴンとキルアにゲームを申し込む。

しかもそのゲームで勝てばハンター資格をくれてやるという。

ルールは飛行船が目的地に着くまでにネテロの持っているボールを奪うこと。

ゴンとキルアはどんな攻撃をしようと自由で、ネテロは手を出さないという。

キルアはさっそく暗殺術の一つ肢曲を巧みに使い先手を取る。

肢曲とは足運びに緩急をつけ、残像を生じさせ敵を幻惑する技。

暗歩と呼ばれる無音歩行術を応用した高等テクニックでもある。

驚くゴンを他所にキルアは、ネテロからボールを奪おうと何度も襲い掛かる。

ネテロの年齢を感じさせない動きの故、苦戦したキルアは行動を止めようと軸足を蹴る。

ものすごい濁音とともに、キルアは蹴ったハズの足を痛がり逆の片足でぴょんぴょん跳ねる。

キルアはネテロの足が鉄のようだと形容した。

ネテロの方はキルアの蹴りを高く評価した。

キルアと入れ替わるようにゴンが行動を開始する。

真っ向勝負と思いきや目前で思いっきりジャンプするゴンだが、天井に頭を打って痛がる。

一応、考えて行動しているゴンの様子を見て、朝まで退屈しのぎができたとネテロは喜ぶ。

そん中、ぐっすりと眠るクラピカとレオリオに、トンパはあっけにとられる。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|考察感想

ゴンの実力はもちろんのこと、キルア、ネテロのパワーバランスがはっきりとしている回でした。

また試験官がハンター志望者たちをどのように評価しているのもわかり、どういうキャラが期待に値するのかも判明。

今後の展開に、影響しそうな内容といえるでしょう。

そしてキルアが暗殺稼業の一族であることが判明。

さらにネテロの仕掛けたゲームの勝敗も気になりますね。

ゴンとキルアは見事ネテロからボールを奪うことができるのでしょうか注目です。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第13話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第2巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第2巻

※ 本作品の配信情報は2019年8月26日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第12話「会長参上(かいちょうさんじょう)」
■ NEXT:
第14話「真夜中のゲーム②(まよなかのげーむ②)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第13話「真夜中のゲーム①(まよなかのげーむ①)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう